「これからの建築士賞」受賞

東京建築士会の「第4回これからの建築士」を受賞しました。
審査員講評、入賞作品が公表されています。

「これからの建築士賞」とは、多様な分野における建築士ならではの新しい動きに光を当て、顕彰し、支援するとともに広く世の中に伝えようとすることを目的とした賞です。

私は以下のテーマをもとにした活動を評価いただきました。
『クリエイティブ・リソース』
~資源循環のための素材開発と環境建築への取り組み
2011年からシラスや、最近では関東ロームに着目した素材開発、その素材の特性を活かした新しい環境建築の在り方を目指す持続的活動に高い評価をいただきました。
藤原撤平さんの審査講評には大変勇気づけられ、嬉しく思います。

今後ともこの活動を続け、社会に広く新しい価値を提示していきたいと思います。

設計の機会をいただいているお施主様、材料開発に協力いただいているメーカー様、技術者の皆様、構造家の方々、施工会社様、皆様に感謝いたします。

 

審査講評

https://tokyokenchikushikai.or.jp/award/pdf/korekara-vol.4.pdf


【鹿児島の住宅・O邸】仕上げ選定打合せ

週末は鹿児島でO邸のお施主様と現場で各部の仕上げサンプルを用意して、色味や素材の組み合わせなどを実際の空間の中で確認しながら、選定する打ち合わせを行いました。

この日は朝から桜島が4700Mほどの高さまで噴煙を上げ、風向きが現場側であったこともあり、灰がたくさん積もりました。私が2011年ころから鹿児島で仕事をするようになってから、一番の降灰でした。

現場の左官職人のお父さんが、足場の上で桜島の景色を眺めながら、お弁当を食べるのはこの敷地ならではの光景です。


【鹿児島の住宅・O邸】外壁左官下地調整

鹿児島の住宅・O邸の現場は躯体工事が完了し、内外装工事に入っています。

すでにアルミサッシ、木製サッシの枠が取付けられています。

シラスブロック外壁は、奄美の土を配合した左官塗りになります。

先週はその左官の下地調整をしました。

まずは、左官のブロックへの吸水調整剤・接着剤を兼ねるハイフレックを塗り、

その上にクラック防止用下地調整材としてNSサンドを塗りました。

NSサンドは発泡材を含み、ワレを分散させるため、上塗り左官へのクラックを抑える効果があります。

一般的な左官下地としてのラス網より強度があり、付着しやすく、経済的な下地です。

今週はこの上に防水下地としてマノール防水剤を塗っていきます。


「新しい建築の楽しさ展」会場構成デザインコンペ第一次審査通過

若手建築家の最新のプロジェクトを紹介する「新しい建築の楽しさ展」の会場構成デザインコンペの一次審査を通過しました。

最終審査は公開で行われます。

公開最終審査・結果発表:6月7日(木)16時~18時
会場:プラス株式会社ショールーム「+PLUS」
東京都千代田区永田町2-13-5赤坂エイトワンビル1階
https://www.plus.co.jp/showroom/info/access.html


【鹿児島の住宅・O邸】上棟式・お餅まき

昨日5月12日(土)の大安は鹿児島の住宅・O邸の上棟式でした。
2階屋上に上がり、上棟式を執り行いました。
敷地から一望できることもあり、桜島に向かって一同で礼をするのは鹿児島ならではです。

上棟式のあとにはお餅まきを開催しました。
近隣の方々が多く集まってくださり、大変盛り上がりました!

そのあとの直会でも工事に携わる各工事業者さんとのお施主さんとの交流もでき、これから内装工事に向けて皆さんが奮起していけそうです。


事務所名変更のご挨拶

拝啓

新緑の侯 貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のご⾼配を賜り厚く御礼申し上げます。

さて、このたび私どもは4 ⽉25 ⽇より「ARAY Architecture」から「 ASEI 建築設計事務所 」に事務所名を変更することに相成りました。 設⽴以来の建築設計・監理業務に加えて、静岡本社 株式会社アート総合設計との建築設計に関連する不動産・測量・開発・コンサルティング業務の連携および業務拡張に伴い、新事務所名に変更させていただく運びとなりました。

つきましては ご愛顧に感謝申し上げますとともに、ご期待に添うべく邁進努⼒を尽くす所存ですので 今後とも何卒倍旧のご⽀援ご指導を賜りますようお願い申し上げます。まずは略儀ながら書中をもちましてご挨拶申し上げます。

謹 ⽩

新事務所名: アート総合設計東京 ASEI 建築設計事務所
(※正式な事務所登録名称です)
代 表: 鈴⽊亜⽣
登 録 番 号: ⼀級 東京都知事登録 第62385 号
所 在 地: 〒106-0041 東京都港区⿇布台1-1-19 ⿇布センチュリーマンション202
T E L: 03-6234-9881
F A X: 03-6234-9882
m a i l: info@asei.jp( お問合せ窓⼝) suzuki@asei.jp( 鈴⽊)
(※所在地・住所・TEL・FAX およびEmail アドレスに変更はございません)
新 H P: www.aseiarchitects.com (※ホームページをリニューアルしました)


【鹿児島の住宅・O邸】南日本新聞掲載

施工中の鹿児島の住宅・O邸が鹿児島の南日本新聞に掲載いただきました。

記事は4月14日の現場取材をまとめていただいたものです。

建築専門誌以外に地元大手新聞にシラスブロックへの関心をいただくのは嬉しいことです。

施工段階から竣工まで継続して取材いただく予定です。

掲載記事
→https://this.kiji.is/364062805495841889


【鹿児島の住宅・O邸】屋根スラブ配筋工事

鹿児島の住宅・O邸は、屋根スラブの配筋工事が進んでいます。

週末には構造家の配筋検査があり、5月1日にはコンクリート打設の予定です。

そのコンクリート打設と養生が終わるGW明けには、上棟式とお餅まきを予定しています。

鹿児島の関係者の方々にはぜひお餅まきに参加いただきたいと思います。

また、詳細な時間が決まりましたらご案内アップします!


【鹿児島の住宅・O邸】南日本新聞社取材

先週末は鹿児島で打合せが続きました。

現場には鹿児島の新聞社・南日本新聞の報道部の方が取材に来てくださいました。

現場事務所で約2時間ほど丁寧にこれまでのプロジェクトの経過やシラスブロックの性質や構造について、インタビューしてくださいました。

来週ころには南日本新聞にその記事を掲載いただけるようです。