「THE INTERNATIONAL ARCHITECTURE AWARD 2015」 受賞

The Chicago Athenaeum: Museum of Architecture and Designが主催する
「THE INTERNATIONAL ARCHITECTURE AWARD 2015」に、鹿児島の住宅・SHIRASUが選ばれました。

受賞掲載ページ

今年の11月には主催のシカゴ・アテネウムにて開催される展覧会「都市と世界」に映像やパネルを出展することになりました。

この賞は、CHICAGO ATHENAEUM(シカゴ・アテネウム=シカゴ・建築デザインミュージアム)と、ヨーロッパ建築アートデザインセンターが共同主催する、建築・都市計画関連における世界的な賞。
毎年、創造性とインスピレーションの最高水準とみなされる建築を評価・検証することを目的とし、将来的な建築デザインの方向性を探る上において、最も需要なバロメーターとなっている賞とも言われています。
本年は、世界各国から多数の応募があり、22ヶ国65件が受賞しています。その中で日本の受賞作品は、「SHIRASU」を含め3件となっています。

●CHICAGO ATHENAEUM(シカゴ・アテネウム)
1950年にチャールズとレイ・イームズ、エーロサーリネン、MOMAのエドガー・コーフマンらにより設計され、「グッドデザイン賞」の先駆けとなる賞を作った権威あるミュージアムです。

logo


夏の暑さに負けない家 ~シラスが生み出す涼しい空間「SHIRASU」

建築・インテリアデザイン・家具を紹介するオンラインマガジン、homifyに「SHIRASU」を掲載いただきました。

夏の暑さに負けない家という特集です。

以下、紹介記事の抜粋です。

心地良い生活を送るには日本の夏は大敵かもしれません。強烈な日差し、高い気温、そればかりでなく高い湿度のため、エアコン無しで夏を過ごすのは考えられないほど。

ですが誰もがエアコンを好むわけではありません。時には体を冷やしてしまい体調不良になることも。また部屋を閉め切る必要があり、新鮮な外の空気を吸うこともできません。

そこで今回はエアコンを使わなくても夏を越せるような、エコロジカルな空調を考えた家を紹介したいと思います。

掲載記事
シラスが生み出す涼しい空間「SHIRASU」


オープンデスク募集

オープンデスクを募集します。
設計事務所の仕事を体験してみたい方、お気軽に応募して下さい。

企画から設計まで、実際の制作活動や仕事の現場に身近に接することができます。
主な仕事の内容は、模型製作、図面作成補助、プレゼンテーション補助などスキルに応じてお願いしています。

参加条件はご自身の都合に合わせた中で構いません。 ご希望の方は学校名、学年、希望期間を明記の上、E-mail (suzuki@asei.jp)にてご連絡ください。

熱意のあるオープンデスクの参加をお待ちしています。


建築家・東孝光

41                                                                                                   東孝光 〈塔の家〉

建築家・東孝光先生が亡くなられたというニュース。。
東先生には私が大学2年のとき、大学を編入したいと突然見ず知らずの学生の相談にも快く聞いてくださり、大学の建築家の先生へ推薦書を書いてくださったことがあります。編入も決まり、お礼のご挨拶に研究室に行くと建築家になるための心構えについて諭すように教えてくだり、最後に「夢+忍耐」と書いた色紙を下さいました。

まだ今でも大事にしている東先生からのコトバです。
ご冥福をお祈り申し上げます。

読売新聞に掲載されています


照明設計の打合せ

今週16(火)は、神田にある岡安泉さんの事務所に照明設計の打合せに行ってきました。

川崎の住宅の照明設計を照明デザイナーの岡安さんにご担当いただくことになりました。以前の事務所での担当物件も含めて、私自身は照明設計をデザイナーの方に依頼することは、初めてになります。

今回の流れ屋根の天井をどう照明すべきかが最大のテーマであることを説明すると、「これは難しいですねぇー」と岡安さん。それでも打合せを進めていくに、私の想像にはなかった様々なアイディアを出していただきました。とても刺激的な打合せでコンセプトに合ったユニークな光環境が実現できそうで、ますます楽しみです。

まずはその光環境のシュミレーションを作成し、これからスタディを進めていきます。


日経アーキテクチュア 表紙掲載

本日発売の日経アーキテクチュア6月10日号SHIRASUを掲載いただきました。

20150610130711

今年の4月から国が施行する住宅の省エネルギー基準が変わりました。
2020年までには新築の住宅で、省エネ基準への適合が義務化される見込みです。
それを受けて、「省エネ設計 いざ本番」という特集で、
風土を生かした事例としてご紹介いただいています。

なんと表紙にも掲載いただき、嬉しい限りです。

竣工から2年経ちますが、お施主様の現在の暮らしの様子や
温湿度データも掲載しています。

どうぞご覧ください。