JIA建築賞 表彰式

先週4月19日に今年度の日本建築家協会(JIA)の各賞の受賞式がありました。
私はSHIRASUがの入賞により参加しました。

賞状にある文面がとても嬉しいです。

「SHIRASU」は環境の保全と開発に関する明確な理念に基づき優れた発送と卓越した技術をもって創られた建築であり、地球環境時代に新しい地平をひらく優秀な作品と認め表彰します。
IMG_2581

このご評価を糧に今後も精進していきたいと思います。
お施主様・工務店のみなさんには感謝いたします。

ワインで乾杯表彰式後の各賞の受賞者が集まっての記念撮影


ブロック強度試験 試験体の製作

先日金曜、構造家の森部康司さんの研究室がある昭和女子大学の材料実験室で計画中の鹿児島の家に使うブロックの試験体の製作を行いました。

鹿児島から送られてきたブロックを監修でご協力いただいている煉瓦職人の高山登志彦さんにモルタルで積んだ試験体を製作いただきました。普段は煉瓦を積む高山さんも、ブロックの吸水性やモルタルとの相性などを把握しながら、セメントと鹿児島の細骨材の配合を調整していただきました。

1

 

IMG_2590

4

6

これから2週間程度の乾燥を経てから、せん断強度を4パターンの試験体をもとに実験を行い、その強度データを取ります。そのデータをもとに確認申請や構造計算に反映させていきます。試験の結果が楽しみです。


「アートディレクションコンペ」表彰式

昨日は、2月に開催されたクリーク・アンド・リバー社主催による飲食店のアートディレクションコンペの表彰式へ出席してきました。

「新しい飲食店舗をつくる」をコンセプトに開催されたコンペには12社の参加がありました。

今回は店舗の内装だけではなく、店名からロゴ、サービスまでトータルなブランディングの提案が求められました。

そのため、デザイナーの内村萌さんと共同で提案しました。

我々は惜しくも2位という結果で残念でした。

表彰式で1位のシーラカンス&アソシエイツさんの提案を拝見するとコンセプトが私たちと近いものであったがゆえ、その提案の詳細にある差を実感でき、より悔しい思いでした。

最近は住宅が多いですが、店舗や集合住宅なども手掛けられるよう挑戦を続けていきたいと思っています。


工場見学

昨日は鹿児島の住宅でまた新たに製作していただいたシラスブロックサンプルを確認するために、お施主さまと一緒に鹿児島の大隅半島にある工場へ見学しに行ってきました。

まず、お施主さまにはシラスが生まれる成り立ちのTV映像をご覧いただきます。その後、工場の中へご案内してシラスブロックの製造工程や乾燥中の試作サンプルの仕上がりを実際にご覧いただきました。土の版築のような自然な表情でとてもいい仕上がりになっていて、お施主さまにも気に入っていただけました。

驚いたのは、社長が工場の裏で羊やイノシシを飼い始めていました。
羊は牧草地のように放し飼いで駆けまわり、伸び伸び暮らしていました。
人懐っこく、打合せ中の社長の肩の上に登ってしまうのです。
これにはお施主さまのまだ1歳の男の子は思わぬ動物との出会いに大喜びでした!

DSC_5808
DSC_5811


DSC_5807