TIME-SPACE-EXISTANCE展

先週25日~30日までヴェネチアへ行ってきました。
ヴェネチア・ビエンナーレ2016の私も出展している企画展『TIME-SPACE-EXISTANCE展』のオープニングパーティーに参加するためです。会場のPalazzo Bemboからはヴェネチア観光のシンボルの1つ、リアルト橋がよく見渡せます。

オープニングパーティーでは、多くの方々が集まり、スパークリングワインが振る舞われ、バンドの演奏もありました。1:500、1:100、1:20の3つのスケールの模型と、さらに現在の暮らしの様子をまとめた映像を展示しています。会期は11月28日まで半年間です。写真にもあるようにこれから半年の間に海外の多くの方にSHIRASUを見ていただけると思います。この間、ヴェネチアにご旅行の方、ぜひご覧いただければ幸いです。

DSC_6469会場3階からはリアルト橋が見渡せる

DSC_6470カナル・グランデ

IMG_3017
オープニングパーティーには多くの方が集まった

IMG_3015エントランスではスパークリングワインが振る舞われた

IMG_3066TIME-SPACE-EXISTANCE展の図録

IMG_3009
別の展示ブースの様子

IMG_3012パーティーを持ち上げるバンドの演奏

IMG_2992展示風景

IMG_3003展示風景2

IMG_3001高崎正治さんの展示

IMG_2999高崎正治さんの展示2

IMG_3007ピーター・アイゼンマンのインタビュー映像展示

IMG_2962There and now: the Japanese Housing Scene

DSC_647110作品の展示が並ぶ

DSC_6489SHIRASUの展示模型

IMG_29661:20模型

IMG_29691:100模型 SHIRASUはシラスブロックを加工して製作したモデル

IMG_29711:500模型

IMG_2972約5分程度の映像

DSC_6981展示風景

IMG_2989映像を見ながら模型を見ていただく

DSC_6479光嶋裕介さん 「旅人庵」

DSC_6476芦澤竜一さん 「風の間」

DSC_6478松岡聡さん+田村裕希さん 「裏庭の家」


展覧会名:Time Space Existence
会  期:2016年5月28日~11月28日
プレビューバーティー5月26日、27日
会  場:Palazzo Bembo ヴェネチア・イタリア
ヴェネチア観光のシンボル、リアルト橋に近接し、
サン・マルコ広場より徒歩5分に位置します。
住  所:Riva del Crabon, 4793-4785,
30124 Venezia, Italy

ヴェネチア・ビエンナーレ 主催者サイト
http://www.labiennale.org/en/Home.html

日本建築設計学会 ヴェネチア・ビエンナーレ特設サイト
http://www.adan.or.jp/biennale2016/

出展する会場 Palazzo Bembo(EUROPEAN CULTURAL CENTRE) TIME-SPACE-EXISTANCE展のサイト
http://www.palazzomora.org/index.php?page=33&lang=en


未来を感じさせる個性的な家5軒!

homify Japan に「未来を感じさせる個性的な家5軒!」という記事でSHIRASUが掲載されました。

「まるで遊牧民の家のような佇まいのこの家は、高温多湿な南九州に建築されました。住まい手は、この環境と繋がりを持ちながらエネルギーに頼らずに暮らすことのできるエコロジーな暮らしを望んでいたとのこと。ARAY ARCHITECTUREが提案したこの家の主たる素材は、シラス台地のシラスが元になった人造ブロックです。軽量で多孔質の特徴があるこの素材は、十分な強度を持ちながら断熱性や調湿効果、蓄熱性など優れた環境をもたらします。自然素材の温かみのある風合が、この家の素朴で優しい表情を引き出しました。夏は涼しく冬は暖かく人工的なエネルギーになるべく頼らず、体と環境に優しい住まいが出来上がりました。」(記事抜粋)

どうぞご覧ください。

https://www.homify.jp/ideabooks/735528


新建築住宅特集 2016年6月号掲載

新建築住宅特集6月号

新建築住宅特集6月号にSHIRASUを掲載いただきました。

『「環境住宅」新時代──いかに自然と結びつけるか』という環境特集です。

個人的には師匠の中村拓志さんと同号掲載は嬉しいです。

川島さんの日本の環境建築の系譜を分析する特集記事も興味深いです。

どうぞご覧ください。


ヴェネチア・ビエンナーレ2016      TIME-SPACE-EXISTANCE展

5月25日(水)~29日(日)にかけてヴェネチア・ビエンナーレへ参加してきます。
私が出展するTIME-SPACE-EXISTANCE展会場では、26日・27日のオープニングパーティーに出席して世界各国の建築関係者との交流や自身の展示の確認をしてきます。
28日から開会される世界各国の展示を見てくる予定です。
また、その写真・映像などもブログにご報告させていただければと思います。
 

展覧会名:Time Space Existence
会  期:2016年5月28日~11月28日
プレビューバーティー5月26日、27日
会  場:Palazzo Bembo ヴェネチア・イタリア
ヴェネチア観光のシンボル、リアルト橋に近接し、
サン・マルコ広場より徒歩5分に位置します。
住  所:Riva del Crabon, 4793-4785,
30124 Venezia, Italy

 
ヴェネチア・ビエンナーレ 主催者サイト
日本建築設計学会 ヴェネチア・ビエンナーレ特設サイト
出展する会場 Palazzo Bembo(EUROPEAN CULTURAL CENTRE) TIME-SPACE-EXISTANCE展のサイト
VB 2016 - TIME SPACE EXISTENCE - PRESS RELEASE ENGLISH_ページ_1展示フライヤー _ページ_2


テキスタイルデザイナー・須藤玲子さん個展@ホワイトギャラリー鹿児島

昨日は鹿児島のホワイトギャラリーさんでテキスタイルデザイナー・須藤玲子さんのオープニングパーティーでした。

お世話になっているギャラリーオーナーの三坂さんのアトリエをお借りして、鹿児島の住宅のお施主さまと打合せをした後に、須藤さんのギャラリートークにに参加させていただきました。
須藤さんが代表のNUNOさんは、以前のNAP建築事務所在籍の際にもカーテンを制作していただくなど、大変お世話になっていた経緯があります。

そのNUNOの須藤さんが鹿児島に個展を開催と聞いて、ビックリしましたが、三坂さんとは武蔵野美大の同級生とのことで、納得しました。ギャラリートークでは、これまでのプロジェクトを産地の織物技術と素材を新しく融合させたテキスタイルをご紹介いただき、とても刺激的なお話ばかりでした。

素材と技術、発想の関係を須藤さんに伺うと、NUNOさんは須藤さんを中心にスタッフが支持するといよりも、みんながデザイナーでチームによる創造が源泉となっているとのことでした。
NUNO・須藤さんのこれまで知らなかった創造の背景を伺い知ることができて、貴重な時間となりました。


しかし、ギャラリートークには多くの方が参加されて、2時間近くも真剣にみなさん聞かれて、質疑応答も多くの質疑が挙がりました。
このようなギャラリーが地方にあることは、素晴らしいことですし、ギャラリーの三坂さんが鹿児島の芸術文化を作り上げる一旦を担っている現場にも立ち会えたようで、とても感動しました。

13178725_1028834980536518_7448276063858082516_n

 


ベネチア・ビエンナーレ国際建築展2016 企画展示出展のご案内

5月28日(土)より開催されますベネチア・ビエンナーレ国際建築展2016に日本建築設計学会による日本の住宅をテーマにした企画展示に「SHIRASU」を出展します。
本企画の特設サイトが日本建築設計学会HPにオープンされました。

<企画者フライヤーより>
本展では、それぞれの住まいのあり様に着目します。新たに取材した映像と3つのスケールに合わせられた30の模型の展示を通して、暮らしの中にパラレルに流れる時間と、周辺の環境まで含めた住まいの成り立ちを、同時に展示します。それらが見る人の中で重なり合うことで、「日本の住まいの風景」がまさに「いまそこに」感じられるメディアとして再現され、遠く離れたヴェネチアの展示空間に豊かな風景として現れることを目指しています。

フライヤー→ベネチア・ビエンナーレ国際建築展2016 企画展

タイトル/There and Now : the Japanese Housing Scene
会期/2016年5月28日(土)― 11月27日(日)
会場/Palazzo Bembo(EUROPEAN CULTURAL CENTRE)
Riva del Carbon, 4793-4785, 30124 Venezia, Italy
出展者/
小引寛也+石川典貴 山口陽登+楯列哲也+杉浦良和 松岡聡+田村裕希 森田一弥 竹口健太郎+山本麻子 遠藤秀平 光嶋裕介 可児公一+植美雪    鈴木亜生 芦澤竜一
以上10組
写真/大竹央祐
キュレーション/映像 西尾圭悟
会場構成/コーディネート Louie Hamilton
現地コーディネート/筒井美矢子 西村清佳
プロデュース/遠藤秀平
スペシャル・アドバイス/五十嵐太郎
企画/一般社団法人日本建築設計学会
主催/Global Art Affairs Foundation
総合主催 La Biennale
特別協賛/積水ハウス
協賛/ETERNIT 梶岡建設 大光電機 テツヤ・ジャパン
中島工務店 ひらつか建築 名鑑
助成/ユニオン造形文化財団