【鹿児島の住宅・O邸】屋根スラブ配筋工事

鹿児島の住宅・O邸は、屋根スラブの配筋工事が進んでいます。

週末には構造家の配筋検査があり、5月1日にはコンクリート打設の予定です。

そのコンクリート打設と養生が終わるGW明けには、上棟式とお餅まきを予定しています。

鹿児島の関係者の方々にはぜひお餅まきに参加いただきたいと思います。

また、詳細な時間が決まりましたらご案内アップします!


【鹿児島の住宅・O邸】南日本新聞社取材

先週末は鹿児島で打合せが続きました。

現場には鹿児島の新聞社・南日本新聞の報道部の方が取材に来てくださいました。

現場事務所で約2時間ほど丁寧にこれまでのプロジェクトの経過やシラスブロックの性質や構造について、インタビューしてくださいました。

来週ころには南日本新聞にその記事を掲載いただけるようです。


【鹿児島の住宅・S邸】既存家屋解体工事開始

鹿児島で昨年6月より進めているS邸の既存家屋の解体工事が先週から始まりました。

既存の樹木や庭石などは活かしながら、上屋と基礎の解体です。

三角形型の小さな街区の家並みの真ん中にできた隙間のような敷地に、3階建てのオフィス兼住宅を計画しています。

鹿児島の地域性を活かし、オフィスを介して地域と住宅が関わり合う新しい地域職住モデルの提示を目指しています。


日本建築学会 地球環境委員会「地球の声」デザイン小委員会展

昨夜は建築会館ギャラリーにて『日本建築学会 地球環境委員会「地球の声」デザイン小委員会展』のギャラリーツアーに参加してきました。

「地球の声」デザイン小委員会では、地球温暖化や生物多様性を包含した社会インフラシステムの転換方策の検討を目的として、環境をテーマにする建築家が集まり継続的な議論がされています。私も昨年2回環境住宅とテーマにした議論の場に参加させていただきました。この展覧会ではその3 年間の活動を経て、設計者・教育者である委員方々の建築活動へどのように展開したかが紹介されています。

他の建築展にはない、環境解析をした模型やネットワーク図などを表現した展示が多くあり、面白い展覧会です。

 

日本建築学会 地球環境委員会「地球の声」デザイン小委員会展

会期:2018年4月3日 (火)-4月11日(水) 10:00 – 19:00 ※ 土日 10:00 – 17:00
会場:建築会館 ギャラリー( 東京都港区芝 5-26-20)
主催:一般社団法人 日本建築学会 地球環境委員会「地球の声」デザイン小委員会
問合せ先:事務局事業グループ TEL 03-3456-2057

https://www.aij.or.jp/event/list.html?categoryId=84

http://www.aij.or.jp/jpn/symposium/2018/2018040311_q090.pdf



【鹿児島の住宅・O邸】組積工事完了

鹿児島の住宅・O邸のシラスブロック構造の組積工事が完了しました。
10月から1階組積工事を開始し、途中中断がありましたが、先週無事2階組積工事まで完了することができました。
工務店はじめ、組積業者さんにとっても初めて施工する300角の組積工事にもかかわらず、最初の数段は試行錯誤しましたが、要 領を得てからは精度よく丁寧に積んでいただきました。

今週からは屋根のコンクリートスラブのための型枠工事に移ります。
明日はその型枠工事の前に、工務店さんの協力で躯体の写真撮影をする予定です。

竣工時だけではなく、工事途中のシラスブロック構造の躯体の美しさを記録に残しておきたいと思います。