【鹿児島の住宅・O邸】外壁左官下地調整

鹿児島の住宅・O邸の現場は躯体工事が完了し、内外装工事に入っています。

すでにアルミサッシ、木製サッシの枠が取付けられています。

シラスブロック外壁は、奄美の土を配合した左官塗りになります。

先週はその左官の下地調整をしました。

まずは、左官のブロックへの吸水調整剤・接着剤を兼ねるハイフレックを塗り、

その上にクラック防止用下地調整材としてNSサンドを塗りました。

NSサンドは発泡材を含み、ワレを分散させるため、上塗り左官へのクラックを抑える効果があります。

一般的な左官下地としてのラス網より強度があり、付着しやすく、経済的な下地です。

今週はこの上に防水下地としてマノール防水剤を塗っていきます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です