「これからの建築士賞」受賞

東京建築士会の「第4回これからの建築士」を受賞しました。
審査員講評、入賞作品が公表されています。

「これからの建築士賞」とは、多様な分野における建築士ならではの新しい動きに光を当て、顕彰し、支援するとともに広く世の中に伝えようとすることを目的とした賞です。

私は以下のテーマをもとにした活動を評価いただきました。
『クリエイティブ・リソース』
~資源循環のための素材開発と環境建築への取り組み
2011年からシラスや、最近では関東ロームに着目した素材開発、その素材の特性を活かした新しい環境建築の在り方を目指す持続的活動に高い評価をいただきました。
藤原撤平さんの審査講評には大変勇気づけられ、嬉しく思います。

今後ともこの活動を続け、社会に広く新しい価値を提示していきたいと思います。

設計の機会をいただいているお施主様、材料開発に協力いただいているメーカー様、技術者の皆様、構造家の方々、施工会社様、皆様に感謝いたします。

 

審査講評

https://tokyokenchikushikai.or.jp/award/pdf/korekara-vol.4.pdf


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です