【高田馬場ビル】関東ローム煉瓦搬入

高田馬場ビルは、ALCへの外壁塗装もほぼ完了しました。

そして、今日現場には関東ローム煉瓦が搬入されました。

はじめ扱う関東ロームは、材料の特性から建材にするのは難易度の高い土です。

試作でも何度も失敗を繰り返しながら、煉瓦製造業者さんの尽力によりようやく形にすることができました。

関東ロームの黒土を配合して酸化焼成で焼いた煉瓦です。

煉瓦とは思えない関東ロームの地層を想起させるような自然で豊かな表情をしています。

明日からは7階~10階の煉瓦タイル張りスクリーン工事が始まります。

さらに来週からはこの煉瓦積みの外装工事が始まります。


反対側の歩道から見た正面ファサード


煉瓦積み外装スクリーンのための鉄骨下地


関東ローム煉瓦に合わせた外壁弾性リシン塗装


初めて特殊製作した関東ローム煉瓦(酸化焼成)

関東ローム煉瓦タイル


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です