浅草観光文化センター

遅ればせながら、浅草観光文化センターへ。
観光地・浅草の「平屋性」(シンボル性?)は高いが、
正直、乾さんのコンペ2等案の方が良かったのではという感想は見る前と変わらなかった。
多くの商用看板が埋める街並みも含め浅草全体を家ととらえた提案は、
浅草界隈のさまざまなシーンが建築に浸透して見えてきたと思う。
以前、その理由を乾さんに話したとき、「私もそう思う!」と言いながら何やらメモをされていた。
それは、その後出版された「浅草のうち」に分かりやすくまとめられていた。
またいつかの機会にこのコンセプトが実現されることを期待します。

「浅草のうち」(乾久美子)
http://architecturephoto.net/26744/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です