ちょっ蔵広場

組積造と鉄骨造のハイブリッド

素材の弱点を補完し合うような構造システムに関心があります。

そこで先週、栃木のちょっ蔵広場へちょっくらお出かけ(笑)
実際は遠くてちょっくらどころではありませんでしたが、、、(汗)

ちょっ蔵広場ば大谷石の組積と鉄骨造によるハイブリッドな構造です。
菱型に透かした半透明な石の壁をつくるために考案された構造システムです。
組積の最大の弱点は、面外方向への横力に対する脆性破壊になります。
その弱点を補強するためにジグザグ形の鉄骨フラットバーのをカゴのように組み合わせた鉄骨造をつくり、そこに大谷石を積んでいます。さらに、大谷石の圧縮力に鉄骨フラットバー座屈を抑える機能を持たせています。

この構造システムも参考にしつつ、今計画中のプロジェクトに適正なまた別の組積構造を検討しています。

DSC_4407
DSC_4371
DSC_4377
DSC_4379
DSC_4428

DSC_4492
住所:栃木県塩谷郡高根沢町大字宝積寺2374-1
竣工:2006.03
用途:集会場、展示場


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>