ふくろい東京交流会

今夜は都内のホテルで開催された地元静岡県袋井市の「ふくろい東京交流会」に出席してきました。

袋井市出身でさまざまな分野でご活躍されている方々が約150名ほど集まっての交流会でした。大企業の代表から、大学教授、医師、歌手、ピアニストの方々などこんなに様々な場でご活躍の方がいらっしゃることと、そんな方々が郷土への愛着を持っていらっしゃることに驚きました。

原田市長には私が袋井を離れてから感じていた以下の4つの疑問を質問をさせていただきました。ここではその回答は公表しかねるのですが、いろんな問題を抱えなが市政を長く続けられる原田市長には今後も頑張っていただきたいです。

1.近接する他市町村が人口減少が進むなか、静岡県内でも袋井市が人口増加を続けている理由は何ですか?

2.袋井の田畑が拡がる地域でも道路各幅整備事業が続くのはなぜですか?

3.産業の街である袋井にとって工場誘致はどんなメリットをもたらしているのですか?

4.袋井の市街地の街路樹のほとんどが枝が切り落とされ丸裸の状態なのはなぜですか?

さらに、袋井市に1991年に創設された静岡理工科大学に来年度から建築学科ができることを知りました。その学長でおられる野口博先生(コンクリート構造専門)ともお会いでき、これからの建築学科の展望についてお話を伺うことができました。

この交流会でも市の魅力発見をマスクメロンやお茶などの全国出荷の名産品や、スタジアムや花火など全国集客のイベントで伝えようとしていますが、街の毎日のなかにそこでの暮らしを支えるものにどんな魅力があるのかを発見できないものかと考えています。
正岡子規が袋井で詠んだ句に「冬枯れの中に家居や 村一つ」とあるのは地域では有名ですが、そんな旅人が見る風景にはない地域に生きる風景を創っていくことができないかと建築家としてこれから何らかの形で故郷と関わっていきたいです。

最後は司会を務められた静岡県で活躍されているラジオパーソナリティ、フリーアナウンサーの神谷ゆきえさんと記念撮影!

IMG_2098

IMG_2095
原田市長の挨拶


「ふくろい東京交流会」への1件のフィードバック

  1. 千里がお世話になっています。
    20日の第6回交流会、今年も参加されますか。
    お会いできるのを楽しみにしています。 利和

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です