【高田馬場ビル】煉瓦積みモックアップ製作

高田馬場ビルは7階~10階の煉瓦タイル張りスクリーン工事が完了しました。

今週よりいよいよ低層階の煉瓦積みスクリーン工事が始まります。

煉瓦積み工事を担当いただくのは、高山煉瓦建築デザインの高山登志彦さん。

全国の煉瓦建築を手掛ける日本を代表する煉瓦職人さんです。

高山さんとはTNAさん設計の上州富岡駅の現場でお会いしてからのお付き合いです。

今年2月に竣工した鹿児島の住宅のシラスブロック構造の材料実験にもご協力いただくなど、その後は様々なプロジェクトでご協力いただいている心強いパートナーです。

高山さんに施工いただくのは、高田馬場ビルが初めてになります。

昨日は煉瓦積みのモックアップを現場で製作いただきながら、積み方や目地の打合せを行いました。

驚いたのは高山さんの目地モルタルの柔らかさ。

普通の職人さんの目地モルタルは、水が多くペチャっとしていて、煉瓦の表面を汚してしいやすいのですが、高山さんの目地モルタルは水配合が絶妙でスポンジケーキのようなフワフワした柔らかさのため、モルタルをコテでサッと切れ、綺麗な目地に仕上がります。

間接照明をあてると初めて製作した関東ローム煉瓦の土の豊かな表情が浮き上がって見えます。


7階~10階の煉瓦タイル張りスクリーン

平目地


奥目地:今回はこの奥目地に決定。あえて煉瓦をわずかにズラして積むことで光に反射する煉瓦を浮き上がらせるようにしています。


【高田馬場ビル】関東ローム煉瓦搬入

高田馬場ビルは、ALCへの外壁塗装もほぼ完了しました。

そして、今日現場には関東ローム煉瓦が搬入されました。

はじめ扱う関東ロームは、材料の特性から建材にするのは難易度の高い土です。

試作でも何度も失敗を繰り返しながら、煉瓦製造業者さんの尽力によりようやく形にすることができました。

関東ロームの黒土を配合して酸化焼成で焼いた煉瓦です。

煉瓦とは思えない関東ロームの地層を想起させるような自然で豊かな表情をしています。

明日からは7階~10階の煉瓦タイル張りスクリーン工事が始まります。

さらに来週からはこの煉瓦積みの外装工事が始まります。


反対側の歩道から見た正面ファサード


煉瓦積み外装スクリーンのための鉄骨下地


関東ローム煉瓦に合わせた外壁弾性リシン塗装


初めて特殊製作した関東ローム煉瓦(酸化焼成)

関東ローム煉瓦タイル


【高田馬場ビル】VRプレゼン

高田馬場ビルは、本日施主の事業者さまに各仕上げ材決定の打合せを行いました。

事務所から車で煉瓦、外壁材、タイル、ボード、塗装など大量のサンプルを事業者さまの会社まで運びました。

メインは外装の関東ローム煉瓦積みの煉瓦サンプルの確認です。

このために煉瓦業者さまには、関東ロームを配合した煉瓦の試作を何度も製作いただきました。

その試作を経て、成功した関東ローム煉瓦の最終サンプルを20個、並べてプレゼンをしました。

煉瓦とは思えない、日干し煉瓦のような豊かなテクスチャで事業者さまにも喜んでいただけました。

強度や吸水率もJIS規格をクリアしています。

最後には、この仕上げに合わせて修正した360度見渡せるパースをVR体験いただきました。

歩道から見上げたビルのスケール感や関東ローム煉瓦のファサードにより、そのボリュームの圧迫感が軽減されて

重たい煉瓦が軽やかな印象に感じられるなど、これまで図面やパースでは分からなかった情報をVRで実感いただきました。