【高田馬場ビル】根切り工事とタピオカミルクティー

高田馬場ビルは、今週から根切り工事が進んでいます。

地下3m程度まで掘削されて、44本等間隔に配列された鋼管杭が顔を出しています。

この鋼管杭の上には長さ約16m×幅約2m×厚さ1mの転倒防止のための巨大なフーチングが敷かれます。

現場近くの貸事務所で毎週定例があり、高田馬場に行くたびに流行りのタピオカミルクティーのお店に並ぶ若い子の列が微笑ましいです。

今度買って60代の現場監督と一緒に現場事務所で飲んでみようかな(笑)


【高田馬場ビル】山留め親杭工事

高田馬場ビルは先週杭工事が無事完了しました。

途中、1箇所の杭が地中障害物にあたり、打ち込みない事態が起きました。

その杭に近接する杭を打つと問題はなく、この杭の範囲だけ掘削してみると地盤2.5m下で1m角程度の大きさのコンクリート片が見つかりました。コンクリート片を除去して無事、杭の打設は完了できました。

杭の位置変更を余儀なくされた場合、計画変更で現場がストップしてしまう事態にもなりかねるため、ほっと一安心でした。

今週から山留めのH鋼を打ち込んでいます。

工事看板に並んで完成予想イメージパースを載せたリーシング用完成が掲示されています。